top of page

メタバースプラットフォーム構築のための基盤機能を搭載した「Brave Engine(β版)」を提供開始



株式会社Brave group(本社:東京都港区、代表取締役:野口圭登、以下「Brave group」)の子会社である株式会社MetaLab(本社:東京都港区、代表取締役:野口圭登、以下「MetaLab」)は、独自のメタバースプラットフォーム構築に課題を抱えている企業を対象に、メタバースプラットフォーム構築に必要な標準機能と、ユースケースごとに便利な専門機能を搭載した「Brave Engine(β版)」の提供を本格的に開始します。現在、「Brave Engine(β版)」で構築したデモワールドの提供を開始いたしました。




企業のメタバース進出が増えており、様々なメタバース空間が構築されています。その多くが集客や継続的なコンテンツ施策などに課題を抱えており、「企業のメタバースがどのような価値をユーザーに提供するか」がより重要なものとなっています。


MetaLabではメタバースプラットフォーム構築に必要な標準機能と、ユースケースごとに便利な専門機能を予め搭載した「Brave Engine(β版)」を提供することで、企画や開発におけるコストと期間を削減します。必要な機能の大部分を高品質で提供しながらも、より多くのリソースを価値提供や集客部分の企画・開発に充てることが可能になります。


「Brave Engine(β版)」の特徴

①独自環境で構築可能

独自ドメインや独自サーバーでの構築、独自アカウントでのログインができます。


②PCやスマホのブラウザで動作するので誰でもアクセス可能

WebサイトやSNSの投稿に貼られたURLをクリックするだけで、ユーザーは誰でも簡単にメタバースにアクセスできます。


③標準搭載のアバターや機能群を利用可能

アバター、チャットやログイン機能など、メタバース構築に必要な標準機能を搭載している為、開発コストが削減できます。


④フルカスタマイズ可能で独自サービスの展開が可能

メタバースのデザインはフルカスタマイズ可能で、独自の機能やサービスが実現できます。


⑤ユーザーはカスタマイズできるプライベートルームを利用可能

メタバースにログインしているユーザーは、それぞれにカスタマイズ可能なプライベートルームを利用できます。デジタルアイテムの配布など、メタバースでのユーザーアクションを促す施策などで活用できます。







「Brave Engine(β版)」は今後も継続して機能のアップデートを予定しており、ブロックチェーンやNFTへの対応やエンターテインメント領域の機能拡充、さまざまなユースケースへの対応などを順次アップデートしていきます。

Comments


bottom of page