top of page

企業のメタバース進出を支援するメタバース構築エンジン「Brave Engine」の正式版をリリース

独自メタバースプラットフォーム構築をワンストップで支援しコスト削減を実現


メタバース領域で様々な事業を展開する株式会社Brave group(本社:東京都港区、代表取締役:野口圭登、読み:ブレイブグループ、以下「Brave group」)の子会社で、企業のメタバース進出を支援する株式会社MetaLab(本社:東京都港区、代表取締役:野口圭登、読み:メタラボ、以下「MetaLab」)は、メタバース領域での取り組みを強化したい企業を対象に、イベントや教育、ファンコミュニティなど、様々な用途に応じた独自メタバースプラットフォーム構築のための機能を備えた「Brave Engine(ブレイブエンジン)」正式版の提供を開始しました。


MetaLabでは、企業がメタバース進出する上で必要なシステムやリソースを、Brave groupが今までに培ってきた経験、ノウハウや実績をもとに、ソリューションとして提供してきました。企画から開発、運営までワンストップで企業のメタバース進出を支援しており、2022年9月から、メタバース進出する企業のニーズをより理解するため、「Brave Engine(β版)」によるデモワールドを提供し、企業のニーズを理解する為のヒアリングなどを推進してきました。


この度、β版に加え新たな機能として、アバター、プライベートルームのカスタマイズやデジタルアイテムの所持などの新機能を実装し、独自のメタバースプラットフォーム構築に必要な標準機能と、ユースケースごとに便利な専門機能を搭載した「Brave Engine」正式版を提供開始することをお知らせします。必要な機能を高品質な状態で実装しているため、導入企業は、より多くのリソースを価値創出や集客のための企画・開発に充てることが可能となり、企画や開発におけるコスト削減を実現します。


β版の提供時、スマートフォンで操作ができる点や、他のユーザーとフレンドになれる機能、グラフィックについて高く支持されたほか、多様なフィードバックが寄せられました。それらを参考にこの度正式版へとアップデートしましたが、今後も「Brave Engine」は、ブロックチェーンやNFT、その他さまざまなユースケースに対応した機能の実装を推進し、順次アップデートしていく予定です。





「Brave Engine」の想定ユースケース

・ライブや展示会などのイベントプラットフォーム

・セミナーや企業研修、オンラインスクールなどの教育プラットフォーム

・ファン向けのサービスやファン同士のコミュニケーションのためのファンコミュニティプラットフォーム


上記以外でも、さまざまなユースケースやご希望に応じたカスタマイズが可能です。


「Brave Engine」の特徴

①サービス運営者の独自環境で構築可能

サービス運営者は、独自ドメインでの構築、独自アカウントでのログインが可能で、ユーザーアカウントやサービスの各種設定を管理することができます。


②デザインや機能がフルカスタマイズ可能

デザインや機能はご希望に応じてカスタマイズできるので、独自のメタバースプラットフォームが構築可能です。


③標準で搭載されているアバターや機能群が利用可能

アバターやバーチャル空間の移動、チャット、アカウント登録、ログインなどを標準搭載しています。


④ユーザーはPCやスマホのブラウザから簡単にアクセス可能

WebサイトやSNSの投稿に貼られたURLをクリックするだけで、ユーザーは簡単にメタバースプラットフォームにアクセスできます。


⑤ユーザーはアバターやプライベートルームのカスタマイズ可能

ユーザーは、自身のアバターやプライベートルームを自由にカスタマイズすることができます。(髪型やファッション、家具の入れ替えや収集など)


⑥ユーザーはデジタルアイテムの入手・利用が可能

ユーザーはファッションアイテムやチケットなどを入手して利用することができます。サービス運営者は、デジタルアイテムを配布・販売、デジタルアイテムを持っているユーザーだけが特定の空間へ入場できるなど、ブランディングやユーザーアクションを促す施策としてもご活用いただけます。













「Brave Engine」に新たに追加された機能(β版からのアップデート)

・アバター及びプライベートルームカスタマイズ機能

・アバターのエモートアクション機能

・ダッシュボードから他のスペースへ移動を容易にするマップ機能

・他のユーザーとフレンドになれる機能

・他のユーザーとのボイスチャット機能

・デジタルアイテム配布、所持、利用における機能


関連ページ

・Brave Engine

・Brave Engine導入のお問い合わせ

Comments


bottom of page