top of page

株式会社MetaLab、「Brave Engine」にGPT-4連携のAIアバターやパブリックビューイング向けの新機能をリリース

AIアバターの精度向上と一体感ある視聴体験を実現





株式会社MetaLab(本社:東京都港区、代表取締役:北 祐一、株式会社Brave group100%子会社、以下「MetaLab」)は、企業の先端技術活用を支援するサービス開発エンジン「Brave Engine」に、OpenAI API(GPT-3.5、GPT-4)を連携したAIアバターやパブリックビューイング向けの新機能を実装したことをお知らせいたします。


■「Brave Engine」新機能について


①OpenAI API(GPT-3.5、GPT-4)を連携したAIアバター

これまでは独自の学習システムを搭載したAIアバターを活用していましたが、OpenAI API(GPT-3.5、GPT-4)との連携により、ユーザーとの会話における受け答えの柔軟性が向上しました。





②バーチャル空間内のスクリーン一括操作と「ワールドチャット」機能

新たに導入したスクリーン一括操作機能により、バーチャル空間内の全スクリーンに同一映像・ライブコンテンツを一括配信できるようになりました。また、「ワールドチャット」機能により、バーチャル空間内の全てのユーザーがリアルタイムでコミュニケーションを行えるようになります。

これにより、パブリックビューイングなどに最適な環境が整備され、一体感のある視聴体験とリアルタイムの交流が実現できます。





③その他のアップデート機能

・オブジェクトの追加、移動機能

・オブジェクトをクリックした際のポップアップ表示機能

・スクリーン画面の解像度向上

・ユーザーインターフェースのデザインを一部アップデート

※オブジェクト:アバター以外の構造物のこと



▼「Brave Engine」新機能に関するお問い合わせ



■「Brave Engine」とは


「Brave Engine」は企業の先端技術活用を支援するサービス開発エンジンです。


①先端技術を活用したサービスを素早く構築

生成AI技術や3Dコンテンツ技術を使ったコミュニケーション機能、管理機能、テンプレートアセットを標準搭載。これらを組み合わせて先端技術を活用したサービスを長期の開発期間を要さずに構築できます。


②新しいユーザー体験の創出

AIの対話機能やインタラクティブなバーチャル空間・オブジェクトを活用して今までにない新しいユーザー体験を創出し、ユーザーに強い印象を与え、高い関心を惹きつけます。


③アクセシビリティの拡大

24時間対応可能なAIアバター、どこからでもブラウザでアクセス可能なバーチャル空間により、時間・場所・言語を問わずサービスを幅広いユーザーに届けられます。



▼導入事例

東京建物の「Tokyo Meta Living」、MetaLabのメタバースプラットフォーム構築エンジン「Brave Engine」で開発・提供開始(2024年2月5日)


コメント


bottom of page